求人情報

 

採用情報

人形劇団京芸ではこの度、劇団を共に創っていく劇団員を募集いたします。意欲のある方のご応募お待ちしております。

募集人員

  • 制作部 若干名
  • 演技部 若干名

仕事の概要

ページ下部の「劇団で働く、とは?」をご参照下さい。
※「制作部」は人形を作る仕事ではありません

条件等

  • 性別不問
  • 18歳以上
  • 勤務開始日は応談。

待遇

給与
劇団規定による固定給
(社会保険あり)
勤務地
京都府宇治市
主な活動範囲は京阪神一円です
勤務時間
月に18日以上(応談)
基本的に10:00〜18:00

面接は随時おこなっていきます。

面接を希望される方は、事務局小林までお電話くださるか、あるいは、「入団希望」と書いた上で、「氏名」「電話番号」を明記の上、Eメール・FAX等で劇団までご連絡ください。
折り返し電話で詳しいご連絡を差し上げます。

また、この求人情報に関してのお問い合わせも上記までお願いします。

 

劇団で働く、とは?

どういう仕事なの?

劇団員の仕事内容は多岐にわたりますが、大まかに演技部と制作部という2つの部門に分けることができます。あくまでおおまかな分類なので、実際の仕事内容は、本人の希望も考慮し人それぞれ変わってきます。

演技部
人形劇の公演
(道具運搬/舞台設営/公演/片づけ)
人形劇の創作
(美術プラン作成/脚本作成/人形・装置製作/稽古)
劇団活動
(企画創造会議/運営会議/営業活動)
制作部
「制作部」は人形を作る部署ではありません。
簡単にいえば「営業部」です。
人形劇の普及活動
(各種会議/プレゼンテーション/営業活動/宣材作成)
制作活動
(公演作品プロデュース/スケジュール調整/対外交渉)
劇団活動
(企画創造会議/運営会議/制作会議)

人形劇団というと、人形劇の公演ばかりしているイメージがありますが、実際は上記のように、公演活動を支えるさまざまな仕事もしなくてはなりません。

人形劇団京芸の特徴

人形劇団京芸は個性とやる気を尊重します。例えば新作の決定に関しても、誰にでも作品提案の機会があり、意志があれば、美術や脚本といった経験も積んでいけます。

芝居の特徴としては、アンサンブルを重視したドラマ性あふれる題材を、時に豪快に時にこまやかに演じるところがあげられます。
文化庁芸術祭優秀賞を受賞した「モモ」や、日本人形劇大賞受賞作品である「ちいさくなったパパ」や「魔女のたまご」など、単なる「子ども向け」ではないひとくせもふたくせもある芝居を、個性あふれる役者陣が演じています。

また、西川禎一氏(おひとり座)やつげくわえ氏(くわえ・ぱぺっとシアター)、北村直樹氏(ひつじのカンパニー)など、今の人形劇・児童劇界で活躍する人材を多数輩出しているのも特徴です。

ちょっと現実的なこと

正直なところ、給料は高くありません。ですが、厚生年金・各種保険完備の有限会社で、稽古場に隣接した寮…といっても雨つゆを防げる程度のものですが…もあります。
20人を越える劇団員の構成は、若手からベテランまでとバラエティに富み、人形劇を極めたい人にとって、やりがいのある仕事場であることは約束します。

稽古場見学のすすめ

ここまで読んで、人形劇という仕事にいっそう興味を持った方、とりあえず一度稽古場見学にいらしてみてはいかがでしょうか?百聞は一見にしかずの言葉どおり、実際の劇団のようすがうかがえるいい機会だと思います。
くわしい日時などは、相談に応じますので、どうぞご連絡ください。